赤ちゃんのいるご家庭こそウォーターサーバーは便利です。

日本のお水事情

美味しくて安全なお水を飲みたい、家族に飲ませたい、という意識は、近年の日本国内で起こった災害や事故から、確実に高まっています。

 

現代の日本の水道水は、1887年の横浜の外国人居留地が始まりといわれています。当時、掘っても塩水しか出てこなかったため、相模川の上流から水を引くことになりました。その後、1890年に水道条例が制定され、国内に上下水道の設備が広まっていったということです。それ以来、日本の水道水は安全であるということは、国際的にも広く知られていました。よって水による感染症などの心配は全くされていませんでしたし、「飲めない水」は存在すら頭にない人も多かったかもしれません。しかし、2011年におきた原子力発電所の事故により、水の安全神話は崩れてしまったのです。これからの日本でも、個々による安全な飲み水の確保が重要視され、そのためにペットボトル入りのミネラルウォーターやウォーターサーバーがこれほどまでに普及してきたと言えます。

 

家族の健康を預かる一家の主婦は、当然、安全なものを家族に飲食させたいと思います。その点でもウォーターサーバーは、数々の厳しい検査を通過してきたいわばお水のエリートがタンクにつめられて各家庭に届けられるもの。安全度はぴか一、というわけです。