赤ちゃんのいるご家庭こそウォーターサーバーは便利です。

泣いたらハイッ!

赤ちゃんのミルクに最適な温度と質を持つウォーターサーバーですから、これはもう、生まれたばかりの赤ちゃんを育てているママにとって「鬼に金棒」と言えるものです。昔の人は、川や井戸に水を汲みに行って、お水を沸かして、冷まして子供に飲ませていたのですから、その労力を考えると、現代の私たちはとっても恵まれています。
でも、「楽(らく)しすぎ」と言われようと「そんなに便利になってなにするの?」と言われようとも、猫の手も借りたい忙しさの育児ですから、やっぱり便利なものは使わなくちゃ、ですよね。

 

ウォーターサーバーの温水は80〜90℃ですから、冷ますのも短時間で済みます。なにより既にお湯が出来ていますので、「あ、お腹すいたな」と赤ちゃんが気づいて、さあてと、泣きましょうか〜、とお腹に一杯空気を吸い込むと同時に、「ぅぎゃ〜」と言い出す、その「ぅ」の時に、ミルクを作り出せば、あと腹式呼吸3回位泣けばもう、ハイミルク完成です!・・・、というのはちょっと大げさかもしれませんが、それでも、この間、赤ちゃんが盛大に泣く時間はウォーターサーバーがあるのとないのではかなり異なります。赤ちゃんは、泣いていてもかわいいけど、やっぱりできるだけ早くお腹いっぱいにしてあげたい、親心ですよね。