赤ちゃんのいるご家庭こそウォーターサーバーは便利です。

赤ちゃんのこれからの人生の為に

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で、お母さんとへその緒でつながった状態で、羊水という水の中にぷかぷか浮いています。そのお水の中からこの世に出てきたら、今度は、自分で栄養を摂り、水分を取りながら、「生きていく」ことになります。水は、私たちがお腹の中にいるときから、私たち人間ととっても深いつながりがあるんですね。

 

「元気があれば、何でもできる!」まさにその通り!元気があれば何でもできるのですから、まずは子供が元気で成長することが子育ての原点です。安全安心、美味しいお水を飲むことは、元気の、そして健康の原点なのです。そして、そんな上質なお水が飲める環境に居るということは、これこそが実はとても贅沢でありがたいことだな、と、最近筆者はつくづく思います。

 

これって、筆者も高齢で2人授かってようやく親の端くれになったからか、はたまた単に歳を取ったせいなのか。理由はよく分かりませんが、とにかく親として大人としては、未来の子供たちのためにも、元気を作れる良い環境を作ってあげる義務があります。「良い」というのは、ひとそれぞれあると思いますが、これは決してなんでも物が溢れる、単に便利な環境を与える、というのではなく、水を含めて、元気な心身を育てる上でシンプルに必要な環境、ということなのです。